FC2ブログ

女房殿と僕 Sub story 14

(前回は尿道拡張の話しでしたね…閑話休題!)


いわゆるペニピン(ペニスへのデコピンと勝手に言葉を作ってます)が功を奏して、僕の粗チンが、幾分回復することもございます。しかしながら、全く情けないことに、それでも回復しないときもございます。

女房殿は、気分によっては、どうしてもペニスをご所望なさることもございまが、運が悪いときというのは、そのような事態を得てして招くものですが、僕の方が不如意になってしまうのです。

女房殿は、指を入れられるのは嫌われますし、ディルドーというのでしょうか、いわゆる疑似ペニスも好きではありません。すごくありがたいことだと感謝しなくてはいけないと思うのですが、生のペニスが一番のご様子です。
すごくありがたいと申し上げたのは、きっと、この数年間に関しては僕以外のペニスをお導きされていないと信じているからでございます。

もちろん、そもそも信ずるからにはそれなりの理由があるのです。その理由などもいずれお話することがあろうかと思いますが、ともかく「信ずるものは救われる」ということもありまして、僕はいわゆる女房殿のお浮気はないものと思い込んでいます。

そんなありがたいシチュエーションが目の前に展開しているにも拘わらず、調子が悪い時はだらしない状態のまま起きあがらないのです。

すると女房殿は、「刺激が足りないのかしら?」と言いながら、「そこに上向きに寝なさい」「どうしたの、リラックスしていいのよ」とおっしゃりながら僕を仰向けに寝せたまま、覆い被さる様にお顔を僕の胸のあたりに持ってこられます。

そうです、僕の乳首にお口を持ってこられ、そのまま含まれます。その後…すごい甘い刺激と強烈な刺すような刺激が交互にランダムにしかも強弱を変えてやってきます。お察しのとおり、女房殿の前歯が僕の乳首を今度は体位を変えた形で完全にとらえられた瞬間です。

既に、乳首は第一次のクリッピング責めによりぷっくり突起して、極めて過敏になっておりますので、甘噛みと強噛みとの不協和音が得も言われぬ快感をもたらします。詳しい仕組みや分泌物質の名称は知りませんけれど、僕の脳内にはきっと、ドーパミンといった快楽物質や痛みを和らげる作用があると言われるエンドルフィンといった脳内麻薬が大量に放出されている様な気がします。

その間、僕は、「あはぁ…」とか「あうぅ…」とかのあえぎ声やうわずり声を自然に発しているはずです。


そんな中で女房殿のお手は僕の情けないペニスやその周辺に様々な責めをあらためて行いますから、さあ流石の老ペニスも充血してまいります。

一応使い物になりそうなことをご確認されて、女房殿は、僕の乳首から顔を離しながら、爪で私の体を引っ掻きながら、命じます。
「自分でしごきなさい…見てあげるからしっかり勃たせるのよ。」


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

女房殿と僕 Sub story 13

(不如意になったペニスの尿道口を刺激される僕)

さらには、指先で鈴口を開き小指の爪を尿道口に立てる様に挿入しようとなさいます。
僕の尿道は、普通の鉛筆よりほんの一回り太い色鉛筆が限界なのです。
本当はもう少しだけ拡張できれば、女性の小指がはいるかも知れないのですが、入り口付近がどうしても拡張できないのです。
そんな僕のペニスの先端にどうして女房殿が小指を入れようとするかと申しますと、実は以前二三度、先が球形になっているウイスキーの水割りなどに使うステンレス製のマドラーをお渡しして尿道責めをお願いしたことがございます。
そのときに、拡張していけば、女房殿の小指を挿入できるかもしれないという趣旨のお話をしました。その折りに、「そうだな、入れてやるから、拡張しておきなさい。」ということをおっしゃいました。

いろいろ調べてみた結果、自分でも実感できるのですが、鈴口から1センチくらい先に狭くなっている部分がありリング状になっている筋のようなものらしいです。そのため、幾分かは広がるにしても、アナルのように拡張努力でどんどん広げることができると言う訳にはいかない様です。
実は、プラスチックの筆記用具やお化粧小道具あるいはスベスベに表面加工してあるステンレス製の棒状のものなど、自分なりにいろいろな品物を探して、一部加工するなどしながら、徐々に徐々に拡張を試みました。

最初のうちは、入らなかった太さのものが、一週間くらいで、入るようになり、すごくうれしくなったものですが、そのうち限界がきました。ほかの方々のネット上のHPなどを拝見していると、まだまだ継続していくことが大切なのかもしれませんが、元来が飽きやすい自分の性格も手伝ってか、これ以上は拡張困難なところで、断念しました。
 
世の中には、この狭くなっているリング状の筋を切断してしまっている方もいらっしゃることを知りました。その写真を拝見するに、確かに、女性の小指が十分入ってしまっている事が確認できるのですが、どうもペニスの元々の形を維持できなくなってしまう様でして、僕はさすがにそういう事に特化することには抵抗を感じてしまったことも拡張断念の気持ちを強めたのかも知れません。


(余談でしたかも知れませんね)

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

女房殿と僕 Sub story 12

世間一般的に言えば、正常でないかもしれない女房殿と僕の関係になったのは、それほど昔からではなく、お互いが40代も半ばになってからの事でございました。
そういう意味では、それ以前の世間的に言うところのノーマルな関係の方が夫婦生活の長い時間を共有していたことになります。
そうすると、いろいろな事が起こるのですね。
今回はそんなエピソードを一つご紹介致しましょう。


せっかく「入れなさい。」とおっしゃって下さっているにもかかわらず、僕がもじもじしていたり、聞こえなかった振りをすることがございます。
ご奉仕しておりますと、その時の体調やご気分にもよりますが、このように挿入にお誘いくださるとこが比較的多いのでございます。もちろんうれしいお言葉なのですが、残念ながら素直に応ずることができない事情が発生していることもあるのです。

察しのよろしい方には、お話申し上げるまでもないのですが、年齢のせいも大いにあることは間違いなく、また長い時間ご奉仕していると一旦勃起していた陰茎も次第にその状態を維持できなくなり、いつの間にか、だらりとなり、ふにゃりとなっていることがしばしばございます。
気分は昂揚しておりましても、陰茎はしおれた様になってしまって、だらしなく我慢汁だけ垂らしているということです。

すると、女房殿の幾分ふくよかな御手が僕の情けない陰茎をまさぐり始めます。

「ふにゃちんね!?、使い物にならないじゃない。」
「申し訳ございません。」
「隠れて出しているんじゃないの?怪しいわね」
「いえ、滅相もございません。」
「使い物にならないものは、切り取ってしまうよ。ふふふ」
「それだけはご勘弁を…」
「誰かいるのかな… …殺すよ」
「はい、お疑いなら殺して下さいませ」という様な単刀直入で言葉だけ聞くとかなり過激なやりとりをすることがございます。

先端から我慢汁の涎を垂らしながらだらしなく重力に抗しきれずに垂れるペニスを女房殿は、指で弄んだり、手のひらや手の甲で叩いたり、時には人差し指や中指で弾いたり(「デコピン」ならぬ「ペニピン」です)いたします。


(続く)

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

女房殿と僕 Sub story 11

(時には乳首にご奉仕を)

女房殿は気分が昂揚してくると、ときどき乳嘴を舐める様に命じます。
乳首を舐めさせて頂くときは、当然乳房を露わにしてもらうことが叶う訳です。
夏の季節は、どうと言うことも無いのですが、冬の季節は暖房をしていても寒いことから、布団の中での下着をたくし上げて下さいます。

命令はだいたい「乳首をなめな」とおっしゃいます。
時には下着をたくし上げる仕草で僕に黙示の命令を発することもございます。
女房殿の乳首は小指の先くらいの大きさでぷっくりしております。
僕は乳首の周りから乳頭に向かってマッサージをするように舌でなぞります。
その後乳嘴を口に含ませて頂き、口の中で乳頭の先端を中心として舌を回転させるようにぐるーり、ぐるーりとゆっくりと唾液をたっぷり分泌させながら舐めます。
ときどき口を尖らせる様にして乳首を吸い込みますが、間違っても強く吸い込んでは行けないのです。

吸い込みが度を超してしまったり、噛むような感じで歯を立ててしまったりしますと…
「痛い!」とお声を発せられ、僕の頭をこづかれるか、体を捩られます。
「申し訳ございません」と申し上げますが、ご機嫌を害してしまわれます。
上手にご奉仕できたときは、「うふふ~、ううん…」と鼻声をお発し下さいます。

お口でご奉仕させて戴いているときに、空いている手でお腹を撫でさせて頂いたり、ご聖洞の蜜壺を近くをマッサージしたりしております。女房殿はご聖核(クリトリス)への軽いタッチがとてもお好きなので、僕ももちろんご聖核への愛撫は怠らないように意識しております。

こうした乳首へのご奉仕中が、女房殿から僕への責めがもっとも和らいでいるときと言えるかも知れません。



(次回は別なフェーズをご紹介するかも)

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

女房殿と僕 Sub story 10

(片方の陰嚢をお口に含まれたまま…)

女房殿の甘噛みは続きますが、両方を一度にお口に含まれることはございません。
お聞き申し上げたわけではないので、定かには分かりかねますが、おそらく二つの玉を同時に含まれるには大きすぎるのかもしれません。

必ず、左か右かいずれかを、お気に召す順番でお含み下さいます。
僕の陰嚢は綺麗に剃ってありますから、陰毛がお口の中で悪さをすると言うことはございません。
そのために自然に、それほどの抵抗感がなく、銜えて頂く仕草に移行して下さったのかも知れません。

睾丸の部分をお口からお出しになるときは、「ポン」と軽快な音がいたします。
つまり睾丸が唇からはじけ出る感じになります。

全くお恥ずかしい次第ですが、この音はすごく被虐感を醸し出します。
女房殿も面白がってポン、ポンと音を出すことに興ずることもございます。
ある時は、「喰い千切ろうかな、ふふふ」とおっしゃって下さいます。
もちろん僕は「はい、喰い千切って下さいませ」とか細い声で反応いたします。
たわいも無い会話が時に二人の立場を明確にする効果が抜群になり、僕はますますマゾヒスティックな気分になって行くのです。

ともかこの「ふぐり責め」は下手に僕が動くとタマが潰れるかも知れないので、はじめは不安な気持ちも生じましたが、慣れるに従い、タマが口の中で温められてムズムズする感じになり、やがて心地よくなるので、まことに不思議でございます。

今では僕の大好きなプレイとなってしまった次第でございます。

こういう展開も、剃毛が前提になるのかもしれません。
お節介ながら、世のマゾヒストの夫は直ちに剃毛すべきかと存じます。
ちなみに剃毛の効用を思いつくまま列挙してみますと…
単純に考えても、
◎ 衛生面で優れています
◎ 一目でペニスや陰嚢の状態を把握して頂けます。
◎ 縄などで男性器を縛るときに邪魔になりません。
◎ 蝋燭責めの後の処理が楽(陰毛にロウが絡まない)です。
◎ 性器の周りにいたずら書きしやすくなります。
◎ 貞操帯を装着しやすくなります。

気持ちの面では、
◎ マゾヒストの自覚を深めることができます。
◎ 公衆浴場などでの行動がマゾヒストらしくなります。
◎ 浮気心の抑制に役立つかも知れません。

何よりも、パートナーとの支配被支配の関係構築によい結果をもたらすと思います。


(この話はもうしばらく続きます)

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト