FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女房殿と僕(9)

(女房殿のペースでクライマックスを迎えます)

女房殿は、僕の両乳首を抓った状態で、リズミカルに引っ張ります。
ペニスは女房殿の聖洞の中で脈打っています。
僕は自然に女房殿の好みのリズムで腰を入れさせて頂きます。

もし、第三者がこの場面だけをごらんになると、ごく普通のありふれたノーマルなSEXとなんら違いはないと思われるでしょう。
全くそのとおりなのです。
ただし、僕の意識は全く違っています。
僕は、女房殿に十分な満足を得てほしい、気持ち良くなってほしい、そのための道具となりたい。
そういう気持ちなのです。

実は、かつて、夫婦間にこういうSM的なプレイが全くなかった頃は、どちらかと言えば、僕が主導権を握り、僕の好みの格好で好みのリズムでSEXをしていたものでした。
もちろん、その当時の妻が、嫌がっていたとか、特段の不満があったとは思わないのですけど、ともかく男の性欲を満足させるための行為という側面が強かったことは否めないと思います。
その証拠に当時、妻はSEXを受け容れたく無いときは、フェラや手で射精してくれたものです。

ところが、今は全くそういう気持ちが起きません。
といいますか、僕が主導では、そもそも、挿入可能な状態にエレクトしなくなってしまいました。
どうした訳か、僕は精神的にも肉体的にも責められることで、性的興奮を喚起して、その後にペニスがエレクトし、受動的に挿入をさせて戴くというプロセスが必須となってしまっております。

また別の機会にでも詳細はお伝えしていきたいと思いますが、
閑話休題…ともかく
女房殿の、喘ぎ声が少しずつ大きくなって参ります。腰の使い方も息づかいも両者とも激しくなり、女房殿も僕の乳首から手を離され、放心状態に近くなります。
そして、一言「出しなさい!早く!」もしくは「出せ!」とお言葉を発せられます。
僕は「はい。」とか「かしこまりました。」とかお返しして、…
その後しばらくして果てることになります。


(続きます…次がラストかな)

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。