FC2ブログ

女房殿と僕 Sub Story (1) 

女房殿と僕の戯れにはいくつかのバリエーションがあります。
時には女房殿から仕掛けられることもございます。
今日はそんなパターンのご紹介。


僕は比較的就寝が早いほうですので、だいたい先に床につきます。
何時頃でしょうか、定かではないのですが、いずれにしても深夜もかなり更けたころ、後から推測すれば2時過ぎだろうと思います。
僕の隣に女房殿がスルスルと入り込みます。僕もややウトウト状態で半覚醒といったところでした。

たいがいの場合はそのまま、おやすみになるところなのですが、ご気分次第では、ちょっと違った行動をおとりになることがございます。
その夜は、きっと、お体がやや火照っていらっしゃったのかと思いますが、お足が私の足にすり寄って来てくださいました。

あまり気に止めないでいたのですが、徐々にお足の動きが大きくお成り遊ばされます。
僕が、さりげなく女房殿の方に足を擦り寄らせるように滑らせると、今度は、絡める様に僕の足にお足を乗せてきてくださいました。

この段階になると、もう、明らかです。女房殿は僕にお誘いの合図を送られたのでございます。

このブログの読者様なら、おわかりかと思いますが、二人は、普段(日常生活)は、いたってノーマルな夫婦ですが、閨房においては、ちょっと特殊な?…かなり特殊な?!関係性を持ちながら特殊な愉しみ方をしております。

女房殿は、サディステック-ワイフ、僕は、マゾヒスティック-ハズバンドに文字通り「変態」いたします。

別に人格が変わる訳ではないのですが、他の人から見ると、そのように見えると思います。
実際、性的な興奮が芽生えると、私の中に別人格が形成されてくるような錯覚も生じるような気がします。

女房殿の内面の変化は、僕には本当のところは分かり兼ねますが、僕の変化に応じて、サディステックな気分になる様になってしまったのかも知れません。

ともかく、今は二人の間で、いわゆるノーマルなSEXということはまず不可能となっております。
恐らく、通常の前戯では、全く交渉を持てないと思います。
僕の祖チンが普通の刺激では、使い物にならないからでございます。

お話を先に進めさせていただきますが、女房殿の挑発に、マゾが目覚めることもございます。
女房殿は、いつもの通りに下半身には、下着類を含めて一切ご着用なさりません。
(上は必ず、ご着用ですけど)
その太股は、春川ナミオ氏の描く女性のものと似ておりまして、私の足の上に絡められると、
もう、完全にマゾヒストのスイッチを入れられてしまいます。

僕は、一気に覚醒し、胸が高鳴り、呼吸が速くなって参ります。
女房殿もそのことに、気がつかないはずもなく、ますます僕に、お足を使ってでいたずらっぽく絡めるのでございます。
しかし、この間、お互いに無言… 
しばしの間ではありますが、女房殿は確実に私のペニスに対してお足攻撃をいれます。

僕は、これから主様が責めて下さるかもしれないのだ、と確信するとともに、主様のペットとしての立場であること、これから主様の命ずるままに性の奴隷としてお役に立たなければならないのだと、自らに言い聞かせるように、素早く着ているパジャマと下着をすべて脱ぎます。

そして、本当は、小道具などを持ってきたいところですが、そんな自分勝手な行動は、主様のご意向に沿わないのではないかと考え直して、すぐに頭を布団に潜り込ませて、主様の下半身に自分の顔を持っていきます。

そうして女房殿のふくよかな太股、おなか、お膝、足首、足の裏、指などをさすりながら、口を這わさせて頂きます。

(このお話は、きっと続きます)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

フィギャー様の尿道責め

フィギャーの尿道調教(3) 
ほら、みてごらん!
僕のいやらしい鈴口は、一体どうなってるのかしらねぇ ほほほ
もうこんなに飲み込んじゃったわ。
え!こんなことされて、「ちんちんの奥が気持ちいいです」なんて…聞いてる私が恥ずかしいわよ。
でも、ここまで入ると、さすがに押し出そうとする力が強くなってきたわね。

もうお終いだと思ったでしょう。
甘ったれるんじゃないわよ 鞭
ここからが辛いのよ ふふふ どこまで刺さるかしらねぇ。

前立腺の近くに届いてるかもしれないから…
ゆっくり入れてあげるわね。
それにしても、おもしろいちんこね

テーマ : SM調教・羞恥のブログ - ジャンル : アダルト

フィギャー様の尿道拡張

フィギャーの尿道調教(2) 
きついねぇ
痛い?…大丈夫よ。
鈴口のちょっと奥が狭いとこあるの、そこをグリグリして開かせれば…呑みこめるわ!
安心しなさい、私はこう見えても、「マゾちんこ責め」の腕は一流だから
でも、弘法にも筆のあやまり ってこともあるし…裂けたらごめんね。

それにしても、入らないわねぇ。
色鉛筆は、ちょっと太すぎたかしら?

おおぉ 入ったわ ズルーと 第一関門通過したわ フフフ
さて、このいやらしいマゾちんこは、どこまで呑みこめるかしらねぇ

テーマ : SM調教・羞恥のブログ - ジャンル : アダルト

フィギャー様の尿道調教開始

フィギャーの尿道調教(1)

こりんって名前なのか…かわいい名前ね。
奥様につけていただいたのかしら…ふふふ そんなに恥ずかしがらなくていいわよ。

奥様の小指が入るまで、尿道を拡張してあげるわ!
おまえには、刀よりこいつが相応しいわね。
マゾでよかったじゃない!ちょん切られるよりいいでしょ アハハハ~!

その代わり、この太い色鉛筆で嫌らしいちんこの中をぐりぐりするから…
覚悟しなさい!

あらぁ~ おまえ、ひょっとしてうれしいの? ほんとに変態マゾなんだね。

テーマ : SM調教・羞恥のブログ - ジャンル : アダルト

フィギャー様の征伐

フィギャーの征圧
悪いことをする男根、女性の敵がいるので、征伐してください…なんて声が聞こえたので
きてみたのよ。

なにこのだらしない「ちんこ」!
マゾちん じゃないの
こんなの 切ったら、私の刀が汚れるわ。
鞭を持ってきた方がよかったわね。

先っぽから 涎垂らして…ほんとに情けないわね ハッハッハ

テーマ : SM調教・羞恥のブログ - ジャンル : アダルト

フィギャー様のお美足による尿道責め

フィギャー様の尿道責め
なんて嫌らしいちんこ!
縛られてもまだ 懲りずに 妄想してるのね。
奥様に 呆れられてる訳がよくわかったわ。

何ですって、「フィギャー様に躾てほしい。」ですって…
いいわ…まずはわたしの足で鈴口の検査よ。ハハハ

あらぁ~ 我慢汁でヌルヌルして、足の先が尿道に沈んでいくわ。
尿道に足を突っ込まれて…気持ちいいの?フフフ

テーマ : 脚フェチ(美脚画像) - ジャンル : アダルト

フィギャー様によるマゾちんこ狩り

フィギャーの
フフフ やっと見つけたわ マゾちんこ!
マゾ狩りは愉しくて やめられないわね。
さて、どうやって処刑しようかなぁ
一気にスパッと いこうかしら
それとも いたぶって 愉しもうかなぁ

テーマ : SM調教・羞恥のブログ - ジャンル : アダルト

フィギャーにもお仕置きされてます

フィギャーのお仕置き(1)
こりん!
まあ なんて 嫌らしいちんちんなのかしら…
だらしないわよ ちゃんと勃起させられないの。
全く 駄目チン ね。
だから 奥様にも 馬鹿にされるのよ。
それにしても、我慢汁 こんなに垂らして ほんとに マゾチンコ。

私の命令のとおり…剃毛はちゃんとしてきたのね。
そんなに私の鞭がほしかったの フフフ
いいわ じゃ これから まず100叩きで調教開始だからね。
ペニスから血を吹き出すかもよ。
覚悟しなさい!

テーマ : SM調教・羞恥のブログ - ジャンル : アダルト