FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

困ったペットだことねぇ

私のペットは変態くん
どこまで変態なペットなのかしらぁ
いくらお仕置きしても、おまえにはご褒美になっちゃうね。
愛の鞭だけで、射精するように、調教してあげるわ。
ふふふ
うれしい?
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : イラスト、CG、絵の練習とらくがき等 - ジャンル : アダルト

女房殿と僕Sub Story(3)

(続きです)

女房殿は、小さな声で「舐めなさい」といって、太股を左右に少し開かれる様な動きをされます。
僕は、それとなくわかっているのですが、時にわざと、聞こえない素振りをして、そのままお足に口と舌を絡ませております。
再び、先ほどよりややボリュームを上げ、凛とした調子で「マンコを舐めろ」とおっしゃいます。
 
僕は、「かしこまりました」と申し上げますと、直ちに顔面を太股の間に埋めるようにいたします。
そのときの体勢によりますが、たいがいの場合、女房殿は仰向けの状態で、半開きのM字開脚で、僕は腹這いになって、いわば匍匐(ほふく)前進して真っ白な内ももからご聖堂へ近づきます。

女房殿のお脚は僕の頭上に橋を架けるような形で、足の部分が僕の背中に乗るようにして頂きます。
この形は、普通のクリニングスとは違ってすごく被虐心をあおる気が致します。いやでも主と従の立場を明確にしながらのご奉仕という形になります。

女房殿は、剃毛をしておりませんから、谷間が深まるにつれて、僕の顔に細かくてやや短めではありますが、陰毛の茂みが立ちはだかります。その茂みを首を左右前後に動かしながら、鼻と口と舌で巧みにかき分ける様にして、奥地にへと舌を這わせます。

ほどなく、茂みの奥にクレバスが姿を現します。
大陰唇は大きく膨らみ、小陰唇はぱっくり縦に口を開いております。
ラビアもしっかりと充血しているせいか、ちゃんと襟を立てていてくださいます。

女房殿からアプローチのある時は、だいたい、既にシャワーで体をお洗いになられておりますことが多胃のですが、この日もそうでございました。
自然のままのやや甘酸っぱい臭いも、もちろん僕にとっては、大変うれしいのですが、シャボンで洗い流された後の清潔感ある匂いも、また赴きがございます。

冬は、布団をかぶるようにしておりますので、色つやまでは、はっきりいたしませんが、夏は敷き布団の上で毛布一枚かけることもいたしませんで、こうした戯れ(プレイ)をいたしますから、クレバスの奥(「膣口」というのでしょうか「ヴァギナ」というのでしょうか正確には存じません)まではっきりわかるのでございます。

恐れながらご聖堂について申し上げますと、やや赤みを帯びたピンク色のことが多いのでございます。奥にはヒダヒダが幾重にもまるでバラの花弁の様に重なっている様に見受けられるものでございます。
ご自身からお求めになられる時は、特に赤みが強い様に感じます。
また、光を発している訳では当然ございませんが、いわゆる聖液の潤いによって、光を反射致しますので、まるで光っているかのごとくに感じられます。

顔を、陰唇に近づけ、鼻を陰唇上部にあてがい口と舌を使いくすぐるように愛撫し、舌の先を丸める様にして膣の深みに挿入する気持ちでお舐め申し上げます。
ネットリとした感触とやや酸味とナトリウム味を味蕾が感じとります。
味覚は味蕾と呼ばれる味覚の受容器に検知されることから始まるそうで、舌乳頭と呼ばれるところにある器官とのことです。
僕には、なぜか、このときに「甘み」もちゃんと感じております。

主様は、この段階でほどよく気持ちよくなっていらっしゃることでしょう。
一番の証拠を僕が見つけます。つまり、このときに奥底からまるで泉から湧く様に溢れる様な聖液を僕の味蕾が主様の秘密の愛液を感じさせていただくことによってでございます。
僕はもっともっと、ヴァギナの内部のヒダを確かめるように、できるだけ舌をすぼめて、聖なる愛液を舐めとる様にお努めします。

女房殿は、ますますご満悦で、息づかいを荒げながら、僕のご奉仕をお受けなさいますが、されにご気分を高められるために「クリ!」とおっしゃいます。

僕は、再び「かしこまりました」もしくは「御意」と申し上げて、口と舌を陰唇上部に移動させて参ります。

(このお話は、きっと続きます)

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

女房殿と僕 Sub Story(2)

(続きです)

僕は、女房殿のややヒンヤリした太股が特に好きで、頬を寄せる様にしたり、手を添えながら、口唇と舌を這わせます。
太股から足の先の方に、マッサージを行う様な気持ちで、口唇と舌を這わせながら、蠕動するように移動して参ります。
膝のうらの柔らかい部分も好きですので、ゆっくりお舐め申し上げます。
脹ら脛から先に行きますと、足の先端部分になります。
英語ではLegとFootと使い分ける様ですが、Footの部分でございます。

普通は、やや汚れている部分ですし、実際やや不衛生になりがちな部分でしょうから、このあたりを
ぺろり、ぺろぺろすることには、やや抵抗感があるものです。
実際、こうしたSMプレイ的な行為が夫婦間になかった頃は、Footを舌で舐めるということはございませんでした。
今でも、ほんの少しのためらいは、ないこともないのですが、マゾヒスティックな脳内状態に陥っているときは、お舐め申し上げたいという心の奥底からの欲求が、そんなためらいを荒い流す様にどこかに消し去ります。

足の表から裏へ、さらに先端の方に向かって舐め進め、指のところに至りましたら、口の中に指を飲み込む様な感じに致します。
右と左の10本の指をすべてお含みして、また一本一本を丁寧にお舐めいたします。

この間、女房殿は、目を閉じて無言のままでございます。
僕の舐めぶりを愉しまれていらっしゃるものと思います。
時々、息づかいの合間に微かなあえぎ声が聞こえて参ります。

女房殿が足舐めにやや満足し、性的な興奮も先よりも高まってこられますと、お足で、僕の下半身をまさぐられます。

そのときは、さっと、僕の半勃起状態の、幾分情けないちんこが、女房殿のお足でご確認頂けるような位置に持って参ります。このときは、もうカウパー氏腺液、いわゆる我慢汁が滲んでおります。(自分ではわかりませんが、多分、シーツに垂れている。)

女房殿は、器用にお足で僕のマゾちんこをグリグリ弄ぶようにいたされます。
時には、踏みつける様に、時にはペニスを挟み込む様に、もしくは睾丸を絞り込むように…このあたりのテクニックは、素晴らしいものがございまして、こうされていると、どんどんとマゾペニスは充血して参りまして、それなりに勃起状態を作り上げることができます。

かつての夫婦の営みにおいては、この様な状況にいたれば、自然といわゆるSEXに移行するところであろうほど、お互いの興奮は高まっていると思います。

しかしながら、今の僕たちは、違います。
この段階から、SEXに至るまでに、結構な時間と労力を惜しまずに愉しむ様になっております。


(このお話は、きっと続きます)

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。