FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女房殿と僕 Sub story(5)

僕が、小用を終えて即座に戻りますと、女房殿は薄手の毛布を掛け目を閉じられたまま、仰向けに横たわっております。先ほどまでのご奉仕の余韻はまだ冷めていらっしゃらないご様子です。
僕は静かに、半分ほど薄手の毛布をめくる様にして、持ち込みました首輪を自らの首に回して、留め金の部分だけを女房殿に止めて頂くことにします。

「お願いします」と申し上げ、首をもたげるようにしながら女房殿の手が届くちょうど良い位置に突き出します。
女房殿は、薄目を開けほんのちょっと頬をゆるませて、左右の手を使って差し込み式の留め具を固定致します。「カチャ」と音がして、いよいよ主従の立場が明らかになります。
いわゆる、全裸に首輪だけというマゾヒストにもっとも相応しい恥ずかしい状態にして頂くことができたのでございます。

首輪には60~70センチくらいの短いリードがつけられておりますので、女房殿はその端の輪になっている部分を自らお持ちになられて、ご自身の意思をリードを使って僕に伝えることもできるようになります。はじめて首輪を嵌めて戴いた頃は、二人ともこのリードを有効に使いこなすことができず、却って邪魔な付属物に感じたりもしたものですけど、いつしか主の意思をペットに伝えるという本来の目的を果たすまでに活用できるようになりました。
本当の飼い主とそのペットとの関係もそうなのでしょうけど、飼い主のリードの使い方の上達だけではなくペットの側も飼い主が何を伝えようとしているのか、汲み取ろうとする努力の積み重ねが、両者にあり、その相互作用がうまく噛み合ってこそ、リードはその役割を十分に発揮するようになるのでしょう。
おかしな話ですけど…そんなことを実感いたします。

次にクリッピングをして頂くこともございます。女房殿の手元に洗濯ばさみをいくつか差し出し、女房殿が手に取られるタイミングで、僕は男子の平均的な乳首と比べるとかなり肥大していると思われる左右の乳首を前方に張り出すようにいたします。
女房殿が正確に僕の左右の乳首にクリッピングをお施しになりますと、瞬間的に体中に電撃的な衝撃が走ります。実際痛いのでございますが、そのときに何か性的な刺激を同時に受けるような感覚がありまして、下半身は熱くほてって参りますし、ペニスも時には、まるで10代か20代に戻ったのかしらと錯覚するほど、信じられないくらい充血、勃起いたします。その後、全身の皮膚感覚が鋭敏になっていくように感じられます。
女房殿は、僕の反応を愉しまれているようにお見受けいたしますが、僕はともかく、鞭を戴きたい気持ちが昂まりまして、鞭を手に取って頂きます。
鞭は、それほど種類があるわけではございませんが、70センチくらいの騎乗鞭と竹の笞が主に活躍いたします。
今回は竹の笞でございます。

僕が身体を反転させて、女房殿の側面に伏せるようにして、撲ってほしいおしりの部分をお向けいたしますと、女房殿は手に取られた竹の笞を左右の臀部に振り下ろして下さいます。
僕は、真っ赤に腫れあがり、血が滲んでもかまわないくらいの鞭打ちを内心では望んでいるのですが、女房殿の鞭打ちは、ソフトで、ほんのり赤みを帯びる程度のものでございます。
実は、ほんの近くでの鞭打ちは、振り下ろすモーメントが十分とれないと言えばよろしいのでしょうか、力が入りにくいためででしょうか、意外と難しい事なのだと実感しております。


(このお話は、きっと続きます)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

女房殿と僕 Sub story (4)

僕の舌は女房殿のクレバスの上部にあるクリトリスに移動していきます。つまり「ご聖核」です。周りを覆っている肉襞を僕の舌が左右に押し開くように入り込んで参りますと、薄ピンク色の小さな豆の一部が露われます。
昔の方は、莢(さや)と実(さね)と呼んでいたようですが、まさに言い得て妙だと思います。

舌を動かして莢から実を露出させるようなにソフトにご奉仕をいたします。女房殿は、堪え切れないという感じで、はっきりと、嬌声をお発し下さいます。
僕は、ご奉仕の甲斐が現れて来たことにうれしくなり、さらに気を入れ直して、丁寧に丁寧に、幾度も幾度もリズミカルにクリトリスとその周辺をお舐めします。
クリトリスは、充血度を増して、勃起して参りますと、もう完全に露出をいたします。女房殿が、ますます息使いが荒くなり、媚声が混じることが多くなってくることは、仰向けの下腹部を見上げる様な体制でご奉仕を続ける僕の耳にも、はっきりと分かります。もちろん、お脈が速くなってくることは肌から直接伝わっておりますし、お感じになられるに従い太股を微妙に揺らせながら、さらにお開きになられますので、女房殿が生理的な興奮度を、昂めていることを僕は、感じ取ることができるのでございます。

僕の方からお誘い申し上げる時に比べると、女房殿のからお誘い下さる時の方がオーガズムに至る道程が短く、しかもその度合いが高い様です。
僕は、ともかくご奉仕を継続いたします。ご聖核からご聖洞を行ったり来たりさせておりますと、さらに両の太股が作り出すM字の角度が広がりますので、今度は舌を会陰部そして肛門部へと這わせていきます。
このとき鼻が、ご聖洞の中に入り込む様な格好になりますので、口でアヌスに鼻で膣にご奉仕させて戴く様な形になります。正直申し上げますと、顔の下半分は女房殿の愛液でヌルヌル状態になっていること間違いございません。
さて、アヌスでございますが、菊門の左右前後の方角すべて同じなのですが、周囲からホール中心部に向かって、
何度かお舐めいたしまして、中心部がやや緩まったところで、舌先を少しだけホールの中に入れてみます。
あまり無理をしない程度にいたしませんと、女房殿の両の太股がいきなり閉じて終い兼ねません。
ご聖核3に対してご聖洞2、そしてご菊門1ぐらいの比率がもっとも心地よさそうに思います。

僕の精神状態を描写するのは、非常に難しく、うまく説明できませんが、一言で言いますと「只ただ夢中」です。
もう世の中のすべての事柄を忘れ去ることができてしまいそうです。
しかも時間的な感覚や空間的な感覚が希薄になります。
何か時空を超えた世界に入り込んだ様な錯覚を愉しんでいるといえるのでしょうか…。

肉体的な状態といいますと、呼吸と脈拍が、幾分早くなり、全身に血流が十分に回っている感じです。おそらく血圧もそれなりに相当上がっているのではないかと思います。

つまり、明らかに性的な興奮状態にはあるのですが、不思議にペニスは、直接継続的に刺激を受けている状態ではないからでしょうか、半勃起状態まで保っているかどうか怪しい状態にあることが多いのでございます。


ところで、希では有りますけど、僕の方がオシッコをしたくなるときがございます。
その場合は、有る程度オシッコタイムを戴いても興ざめしないであろうこの段階まで、しばらく我慢をいたしまして、女房殿のオーガズムの始まりを感じてから、「おトイレに、行かせて下さい。」とお伺いを立てます。
「よし、行ってこい」と頷かれます。

そのまま、戻らせて頂くこともありますが、このときに、僕は首輪と鞭とクリッピング道具(洗濯ばさみ)などを取り急ぎ用意してお布団に戻ります。

(このお話は、きっと続きます)

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。