FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お尻真っ赤になってきたわよ

お尻ペンペン
十分反省しなさい!
私に恥をかかせるつもりなの?

あれほど、他人様のまえでは、おまえを立ててあげているのに…
全く、先生のくせに馬鹿なんだから
血が出るまで叩いてしまおうかしらねぇ、マゾ先生ぇ。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : イラスト、CG、絵の練習とらくがき等 - ジャンル : アダルト

女房殿と僕 Sub story 12

世間一般的に言えば、正常でないかもしれない女房殿と僕の関係になったのは、それほど昔からではなく、お互いが40代も半ばになってからの事でございました。
そういう意味では、それ以前の世間的に言うところのノーマルな関係の方が夫婦生活の長い時間を共有していたことになります。
そうすると、いろいろな事が起こるのですね。
今回はそんなエピソードを一つご紹介致しましょう。


せっかく「入れなさい。」とおっしゃって下さっているにもかかわらず、僕がもじもじしていたり、聞こえなかった振りをすることがございます。
ご奉仕しておりますと、その時の体調やご気分にもよりますが、このように挿入にお誘いくださるとこが比較的多いのでございます。もちろんうれしいお言葉なのですが、残念ながら素直に応ずることができない事情が発生していることもあるのです。

察しのよろしい方には、お話申し上げるまでもないのですが、年齢のせいも大いにあることは間違いなく、また長い時間ご奉仕していると一旦勃起していた陰茎も次第にその状態を維持できなくなり、いつの間にか、だらりとなり、ふにゃりとなっていることがしばしばございます。
気分は昂揚しておりましても、陰茎はしおれた様になってしまって、だらしなく我慢汁だけ垂らしているということです。

すると、女房殿の幾分ふくよかな御手が僕の情けない陰茎をまさぐり始めます。

「ふにゃちんね!?、使い物にならないじゃない。」
「申し訳ございません。」
「隠れて出しているんじゃないの?怪しいわね」
「いえ、滅相もございません。」
「使い物にならないものは、切り取ってしまうよ。ふふふ」
「それだけはご勘弁を…」
「誰かいるのかな… …殺すよ」
「はい、お疑いなら殺して下さいませ」という様な単刀直入で言葉だけ聞くとかなり過激なやりとりをすることがございます。

先端から我慢汁の涎を垂らしながらだらしなく重力に抗しきれずに垂れるペニスを女房殿は、指で弄んだり、手のひらや手の甲で叩いたり、時には人差し指や中指で弾いたり(「デコピン」ならぬ「ペニピン」です)いたします。


(続く)

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。