FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女房殿と僕(7)

(女房殿の足の先端から太股の付け根までを丁寧にお舐めしていると…)

女房殿も徐々に性的な興奮が昂っていらっしゃる様です。
時には、爪を立てて僕のお尻から腹部にかけて、引っ掻きます。これもそのときの気分なのだと思いますが、痒みをとるような感じで、非常にソフトに
例えると、よく、男女間で見られるノーマルな性交の前戯で、女性が男性を奮起させるために
爪の先で撫でるような、そんな時もあるのですが、多くの場合はそうではございません。

たいがいは、爪の先が皮膚に食い込むほど、力がこもっていて、僕は、声を押し殺すことができないほどの痛みを感じます。
女房殿の爪は、特に長いわけでもなく、逆に短くしているわけでもない、いわば仕事も家事も両立させている普通の既婚女性の爪といった程度です。
でもこの引っ掻き責めは、爪痕がしばらく残るので、すくなくともその当日は、プールや公衆浴場には恥ずかしくて行けないことになるほど、強烈なのでございます。

またある時は、この爪が、陰嚢をしっかり掴んで離さないこともあり、ペニスの亀頭部から尿道へ押し込まれる様な動きをすることがあります。
デリケートな尿道からの激痛に、反射的に腰を引いてしまいます。
でも、ペニスはますます怒張し、僕の頭の中は完全に、何か特別なもので一杯になってきます。

人間の体には、痛みが続くとこれを緩和させるために痛み感覚を麻痺させるさせてしまうための脳内快楽物質を生み出す機能が備わっていると言うことを知識としては持っていますが、ひょっとすると僕の場合は、この様な状況で脳内にその種の物質が沢山供給されるのかもしれません。

ともかく自分の行動を、おかしいとか、恥ずかしいとか、思う余裕もなくなり、ただ、女房殿が僕に対する責めを、躊躇することがないように、あるいは、更なる責めの行動を誘発するように、僕は行動します。そう願っていることが女房殿に伝わるようにです。

女房殿も、性的興奮の度合いが高くなってますから、時々、エスカレートしすぎてしまうこともございます。(後に、痕跡となることも…あります)
女房殿も、こうした状況においては、ある種の仮面を脱ぎ捨てて本性を現すのでしょうか、明らかに普段とは異なり、あたかも、抑圧していたサディスティックな欲望をむき出しにされる様な感じになります。

実は、この段階では、責めと受けのいろいろなパターンがあり、新しい試行があり、組み合わせ次第でいくつものバリエーションができますので、似てはいても、同じことはありません。
これらの責めと受けについては、いづれお話する機会も有ろうと思いますが、次のフェーズに移らせて頂こうと思います。

(続く)
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。