FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女房殿と僕 Sub story 14

(前回は尿道拡張の話しでしたね…閑話休題!)


いわゆるペニピン(ペニスへのデコピンと勝手に言葉を作ってます)が功を奏して、僕の粗チンが、幾分回復することもございます。しかしながら、全く情けないことに、それでも回復しないときもございます。

女房殿は、気分によっては、どうしてもペニスをご所望なさることもございまが、運が悪いときというのは、そのような事態を得てして招くものですが、僕の方が不如意になってしまうのです。

女房殿は、指を入れられるのは嫌われますし、ディルドーというのでしょうか、いわゆる疑似ペニスも好きではありません。すごくありがたいことだと感謝しなくてはいけないと思うのですが、生のペニスが一番のご様子です。
すごくありがたいと申し上げたのは、きっと、この数年間に関しては僕以外のペニスをお導きされていないと信じているからでございます。

もちろん、そもそも信ずるからにはそれなりの理由があるのです。その理由などもいずれお話することがあろうかと思いますが、ともかく「信ずるものは救われる」ということもありまして、僕はいわゆる女房殿のお浮気はないものと思い込んでいます。

そんなありがたいシチュエーションが目の前に展開しているにも拘わらず、調子が悪い時はだらしない状態のまま起きあがらないのです。

すると女房殿は、「刺激が足りないのかしら?」と言いながら、「そこに上向きに寝なさい」「どうしたの、リラックスしていいのよ」とおっしゃりながら僕を仰向けに寝せたまま、覆い被さる様にお顔を僕の胸のあたりに持ってこられます。

そうです、僕の乳首にお口を持ってこられ、そのまま含まれます。その後…すごい甘い刺激と強烈な刺すような刺激が交互にランダムにしかも強弱を変えてやってきます。お察しのとおり、女房殿の前歯が僕の乳首を今度は体位を変えた形で完全にとらえられた瞬間です。

既に、乳首は第一次のクリッピング責めによりぷっくり突起して、極めて過敏になっておりますので、甘噛みと強噛みとの不協和音が得も言われぬ快感をもたらします。詳しい仕組みや分泌物質の名称は知りませんけれど、僕の脳内にはきっと、ドーパミンといった快楽物質や痛みを和らげる作用があると言われるエンドルフィンといった脳内麻薬が大量に放出されている様な気がします。

その間、僕は、「あはぁ…」とか「あうぅ…」とかのあえぎ声やうわずり声を自然に発しているはずです。


そんな中で女房殿のお手は僕の情けないペニスやその周辺に様々な責めをあらためて行いますから、さあ流石の老ペニスも充血してまいります。

一応使い物になりそうなことをご確認されて、女房殿は、僕の乳首から顔を離しながら、爪で私の体を引っ掻きながら、命じます。
「自分でしごきなさい…見てあげるからしっかり勃たせるのよ。」


テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

もっと奥まで舌を伸ばして

もっと奥まで舌を伸ばして
ごちそうにありつけて、良かったわねぇ
私の愛汁エキスを直接舐めることができて…ふふふ

もっと奥まで舌を伸ばして、丁寧に頂くのですよ。
気持ち良くなったら、何時間も舐めさせてあげるわ。

テーマ : イラスト、CG、絵の練習とらくがき等 - ジャンル : アダルト

女房殿と僕 Sub story 13

(不如意になったペニスの尿道口を刺激される僕)

さらには、指先で鈴口を開き小指の爪を尿道口に立てる様に挿入しようとなさいます。
僕の尿道は、普通の鉛筆よりほんの一回り太い色鉛筆が限界なのです。
本当はもう少しだけ拡張できれば、女性の小指がはいるかも知れないのですが、入り口付近がどうしても拡張できないのです。
そんな僕のペニスの先端にどうして女房殿が小指を入れようとするかと申しますと、実は以前二三度、先が球形になっているウイスキーの水割りなどに使うステンレス製のマドラーをお渡しして尿道責めをお願いしたことがございます。
そのときに、拡張していけば、女房殿の小指を挿入できるかもしれないという趣旨のお話をしました。その折りに、「そうだな、入れてやるから、拡張しておきなさい。」ということをおっしゃいました。

いろいろ調べてみた結果、自分でも実感できるのですが、鈴口から1センチくらい先に狭くなっている部分がありリング状になっている筋のようなものらしいです。そのため、幾分かは広がるにしても、アナルのように拡張努力でどんどん広げることができると言う訳にはいかない様です。
実は、プラスチックの筆記用具やお化粧小道具あるいはスベスベに表面加工してあるステンレス製の棒状のものなど、自分なりにいろいろな品物を探して、一部加工するなどしながら、徐々に徐々に拡張を試みました。

最初のうちは、入らなかった太さのものが、一週間くらいで、入るようになり、すごくうれしくなったものですが、そのうち限界がきました。ほかの方々のネット上のHPなどを拝見していると、まだまだ継続していくことが大切なのかもしれませんが、元来が飽きやすい自分の性格も手伝ってか、これ以上は拡張困難なところで、断念しました。
 
世の中には、この狭くなっているリング状の筋を切断してしまっている方もいらっしゃることを知りました。その写真を拝見するに、確かに、女性の小指が十分入ってしまっている事が確認できるのですが、どうもペニスの元々の形を維持できなくなってしまう様でして、僕はさすがにそういう事に特化することには抵抗を感じてしまったことも拡張断念の気持ちを強めたのかも知れません。


(余談でしたかも知れませんね)

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

お尻真っ赤になってきたわよ

お尻ペンペン
十分反省しなさい!
私に恥をかかせるつもりなの?

あれほど、他人様のまえでは、おまえを立ててあげているのに…
全く、先生のくせに馬鹿なんだから
血が出るまで叩いてしまおうかしらねぇ、マゾ先生ぇ。

テーマ : イラスト、CG、絵の練習とらくがき等 - ジャンル : アダルト

女房殿と僕 Sub story 12

世間一般的に言えば、正常でないかもしれない女房殿と僕の関係になったのは、それほど昔からではなく、お互いが40代も半ばになってからの事でございました。
そういう意味では、それ以前の世間的に言うところのノーマルな関係の方が夫婦生活の長い時間を共有していたことになります。
そうすると、いろいろな事が起こるのですね。
今回はそんなエピソードを一つご紹介致しましょう。


せっかく「入れなさい。」とおっしゃって下さっているにもかかわらず、僕がもじもじしていたり、聞こえなかった振りをすることがございます。
ご奉仕しておりますと、その時の体調やご気分にもよりますが、このように挿入にお誘いくださるとこが比較的多いのでございます。もちろんうれしいお言葉なのですが、残念ながら素直に応ずることができない事情が発生していることもあるのです。

察しのよろしい方には、お話申し上げるまでもないのですが、年齢のせいも大いにあることは間違いなく、また長い時間ご奉仕していると一旦勃起していた陰茎も次第にその状態を維持できなくなり、いつの間にか、だらりとなり、ふにゃりとなっていることがしばしばございます。
気分は昂揚しておりましても、陰茎はしおれた様になってしまって、だらしなく我慢汁だけ垂らしているということです。

すると、女房殿の幾分ふくよかな御手が僕の情けない陰茎をまさぐり始めます。

「ふにゃちんね!?、使い物にならないじゃない。」
「申し訳ございません。」
「隠れて出しているんじゃないの?怪しいわね」
「いえ、滅相もございません。」
「使い物にならないものは、切り取ってしまうよ。ふふふ」
「それだけはご勘弁を…」
「誰かいるのかな… …殺すよ」
「はい、お疑いなら殺して下さいませ」という様な単刀直入で言葉だけ聞くとかなり過激なやりとりをすることがございます。

先端から我慢汁の涎を垂らしながらだらしなく重力に抗しきれずに垂れるペニスを女房殿は、指で弄んだり、手のひらや手の甲で叩いたり、時には人差し指や中指で弾いたり(「デコピン」ならぬ「ペニピン」です)いたします。


(続く)

テーマ : 夫婦のエッチ - ジャンル : アダルト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。